歯周病と虫歯の原因

歯周病の原因

歯周病を起こす菌がプラークの中で増殖し、歯肉と歯の根の間のいわゆるポケットの中でさらに繁殖を繰り返し、歯周病を進行させていきます。
細菌の他の原因としては、血液疾患、高血圧、糖尿病などの全身疾患やストレスなどの精神的なものやホルモンのバランス、また歯の噛み合わせや特定の部位にかかる力が原因を作っている場合もあります。
また喫煙者は血流が悪いので、歯周病を進行させるといわれています。

歯周病の治療

まず、歯周病の検査を行います。プラークの付着状態、ポケットの深さ、骨の吸収程度、歯の動揺、歯肉の炎症状態、咬合状態など原因がわかるように詳しく検査を行い、その原因を取り除いていきます。

虫歯の原因

虫歯菌といわれるミュータンス菌は、食べ物の中の糖分をとって歯の表面にねばねばとした物質を作ります。このプラークの中で虫歯菌は酸を作って歯を溶かしていきます。
歯、食べ物、菌、この3つがそろうと虫歯ができるのです。

虫歯の予防

つまり、この3つについてそれぞれ予防していけば虫歯にはならないのです。

歯の質は変わらないのですが、質を丈夫にするためにフッ素は有効な手段です。 特に生えたばかりの歯に対しては大変有効です。
また磨きにくい歯並びを治して磨きやすくするのも重要です。 カルシウムを取るなど食生活でも予防はできます。

糖分

糖分の量というよりも、どのくらい口の中に長い時間糖分がとどまっているかが、虫歯のなりやすさに関わります。つまり、食べたらすぐ磨く、だらだら食べないというのが大事です。

原因のストレプト・コッカス・ミュータンスという細菌は人間のお口には、必ずと言ってよいほど住んでいます。
但し、生まれたばかりの赤ちゃんには菌がいないことがわかっています。妊婦さんはそのことを自覚して、赤ちゃんに口移しで食べ物はあげない、出産前に100%のキシリトールガムを噛んで菌を減らす(お腹がゆるくなることがあるので注意が必要ですが)などの努力が必要です。

●藤関歯科医院 [浅草東京都台東区浅草1-22-1103-3841-8410
●藤関歯科医院 [森下東京都江東区森下4-6-503-3846-1876
●藤関歯科医院 [神田東京都千代田区神田須田町1-2-103-5297-8218